経験則により、おおよそを把握しようとする「親指の法則(規則)」とは。

figure_goodjob.png

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

英語では「Rule of Thumb」の慣用句でお馴染みの「親指の法則」について学んでいきます。

スポンサーリンク








親指の法則とは

正確な理論やデータからではなく、経験によって物事のおおよそを判断する際によく用いられる法則のこと。

語源

諸説あるようですが、有名どころをご紹介します。

【説①】イギリスの木工職が親指の付け根の幅を1cmと見立てて、物を測った説。
【説②】農業の種蒔きする際に親指を定規代わりにすることで深さを一定に保った説。

どちらが起源かは謎ですが、昔から利用されている手法だという事は分かりました。

まとめ

普段している何気ない判断も実は「親指の法則(規則)」に基づいて行っているものかもしれませんね。より精度を上げる為にも、さまざまな経験を積むことが良さそうですね!人生の充実にも繋がるし一石二鳥(^^)

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント