出来ない事にNGを出すことも立派なスキルであると認識しよう

無題.png

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

上司の指示を断れない方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

私も2~3年目くらいはそんな従業員でした。頼まれた仕事の断り方が分からなくてドンドン仕事が増えてしまい、納期に間に合わせる事が出来ず、依頼元の上司に残業をさせるなど苦い経験をしたものです。

世の中的には責任感のある人が陥りやすいと言われています。(←ここ協調しますw)

スポンサーリンク








自分が人の上に立ってから分かったことなのですが、こういう社員が自分の部下にいたら次から仕事を任せたいとは思えません

なぜならば、仕事はお客様のために行うものであり、そのお客様にご迷惑をおかけしてしまうからです。しかも、納期に間に合う前提で他の仕事が動いていた場合、その他の仕事にも悪影響を及ぼしてしまいます。

納期に間に合わなかった。たったこれだけの事ですが、信頼を失うには十分過ぎることです。

この状況を回避する方法としては、タイトルの通りでNOを言うことです。

前提としては上司からの指示には従うべきだと考えますが、その案件を納期までに完遂できるかどうかわからない場合または実施不可の場合は現在取り組んでいる仕事の量・進捗状況を話して判断を仰いでください。

精神的に難しい部分もあると思いますが、引き受けて出来なかった方がステークホルダー全員に迷惑をかけます。断りを入れた分、抱えた仕事の質を上げられるように取り組みましょう。

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント