【4月】エイプリルフールの知らなかった4つの事実。みなさんはいくつ知っていましたか?

aprilfool_calender-thumbnail2.png

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

毎年4/1は「エイプリルフール」ですね。直訳すると「4月バカ」。エイプリルフールってとりあえず嘘をつくって事しか理解していなかったのですが、調べてみると意外と知られていない事実がたくさんありました。

事実その1:エイプリルフールの起源には諸説あるが、実は不明である。

Wikipediaによると、以下3つの説がある様です。
その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた[4]。(これ以降は嘘の起源と思われる)しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。これがエイプリルフールの始まりである。そして13歳という若さで処刑された少女への哀悼の意を表して、1564年から13年ごとに「嘘の嘘の新年」を祝い、その日を一日中全く嘘をついてはいけない日とするという風習も生まれた。その後、エイプリルフールは世界中に広まり、ポピュラーとなったが、「嘘の嘘の新年」は次第に人々の記憶から消えていった。(英語版Wiki、仏語版Wikiにこの記載はない)

インドで悟りの修行は、春分から3月末まで行われていたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もある[4]。

イングランドの王政復古の記念祭であるオークアップルデー(en:Oak Apple Day)に由来を求める説がある。


どれもそれっぽく聞こえてくるから不思議ですね。

スポンサーリンク








事実その2:嘘をついてもいいのは午前中だけ!

これ自体が嘘なんじゃないかという話もあり、真偽は不明です(オイッ)
ただ、このルールには続きがあって「午前中に嘘をついて午後にネタバラシ」としなければならないとの事です。これってコミュニケーションをはかる意味では良いルールなんじゃないかなぁ?と私は思っています。

事実その3:エイプリルフールについた嘘はその年実現しない!

「俺、株で大儲けしたんだぜ。」「私、AK○に入る事になったの。」などなど、自身の実現したい事に対する嘘をつくと、その1年間はその願いが叶わないそうです。統計とかおそらくとってないんだろうから信憑性という部分は不明ですが、ありきたりなルールですね(オイッ) でも、こういうルールがある方が盛り上がりをみせる要因なんだろうと思います。

事実その4:日本には大正時代からエイプリルフールが存在していた!?

開国より文明開化が起きた頃に現在のエイプリルフールの習慣が広まったとされています。このエイプリルフールの習慣が入ってくる前、江戸時代の日本にはそれに代わる習慣がありました。江戸時代はこの日を「不義理の日」呼び、日ごろ疎遠になってしまっている人(=不義理をしてしまっている人)に手紙を送り、再び縁を繋ぐ日とされておりました。(※不義理な事をしていい日ではありません!)

まとめ

いかがでしたでしょうか。恥ずかしながら私はまったく知りませんでした。調べてみて思ったのですが、こういうイベントについて理解して楽しめたらもっとそのイベントが楽しめる。という事でした。30代を過ぎて今さら感はありますが、これからもこういうイベントについて知識を深めていきたいと思います。また、事実4でご紹介した「不義理の日」にちなんで、疎遠になってしまっている方に手紙・・・メールやLINEでもいいので送ってみるのもいいですね(^^)

最後に2015年のエイプリルフールネタを掲載します。全体的にレベル高すぎwなのですが、その中でもムダゲーに無駄なクオリティを感じてしまいました・・・。

■2015年度のエイプリルフールネタ→エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ2015年版 - GIGAZINE

今年はどんなエイプリルフールネタが飛び出すのか目が離せません!!
みなさんもエイプリルフールを楽しみましょう!!

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント