【論語】『人にして信無くんば、其の可なることを知らざるなり』為政

7faea0e4228c569a133d98f14d4a930d_s.jpg

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

「リーダーを支える『論語』入門」から私が良いと思った論語をご紹介します。※「訳」「ビジネス訳」は本書より引用させて頂いております。

『人にして信無くんば、其の可なることを知らざるなり』為政

スポンサーリンク









人として、信用がなければ、なんともなりません。

ビジネス訳

信用とは、職場や取引先などのあなたの周りの人々があなたを引っ張ってくれるために絶対に必要なフックです。あなたは、リーダーとして、上司・部下・同僚、そして取引先などから信用されなければ、機会をあたえてもらえません。信用されなければ、許可や協力、支援が得られないので、あなたがやりたいことを実現できません。

まとめ

これは日々の生活の中で実感する事の多いことなのではないでしょうか?自分がやりたい事だけをやりたい様にやるだけでは信用は勝ち取れません。因果応報ではないですが、自分の行い次第で自分を取り巻く環境を変える事が出来ます。こういう事も意識して日々の仕事に取り組む事が大切ですね。


スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント