若いうちにたくさん失敗をしておくべき理由。自分の糧になる失敗とは。

6aadbba7da65b2c127d6d010932a6fbd_s.jpg

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

たくさん失敗しておくべき、と言っても「イージーミス」をたくさん積み重ねよう!という趣旨の話ではありません。「仕事のスキルを身に付ける為に私が実践しているたった1つの事」の記事で失敗の大切さをお伝えしましたが、これも同様です。

スポンサーリンク








自分の糧になる失敗とは

自分の糧になる失敗とは、「自分のスキルよりもストレッチした目標に対してアプローチ」した場合に限ります。

目標の難易度を上げていけばいくほど、難しく、お金も掛かります。そのため後で振り返った時に貴重な経験になります。この失敗は、今後何か厳しい状況に追い込まれた時に心の支えになります。

サラリーマンがチャレンジして失敗しても、普通に仕事をしていれば責任は問われません。

一見、下手に困難な案件に手を出して失敗すると評価が下がるのではないか?と思いがちですが、逆であると考えます。

積極的に取り組んで信頼を得よう

私にも部下がおりますが、消極的な部下よりも、失敗しながらでも積極的にチャレンジしてスキルを積み上げてくれる部下の方が信頼がおけます。

保守的な上司に当たった場合は・・・極論ですが、出来る限りその上司の配下から逃れる様にすべきだと考えます。私なら迷ずそうします。(こういう状況に陥った時に頼りになるのが「人脈」だったりします)

まとめ

言い方は悪いかもしれませんが、このような失敗を行える為にも、自分から積極的に困難な仕事に手を挙げる姿勢が大切です。

仕事で命まで取られる事はありません!恐れずにやってみましょう!!

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント