iDeCo(個人型確定拠出年金)への加入に際して、何に投資していいか分からない場合はとりあえず定期預金に預けるのもOK。

写真.JPG

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

2017年1月から加入対象者を拡大させ、20~60歳までの会社員・公務員・自営業・専業主婦などほぼ全ての国民が加入出来るようになったiDeCo(イデコ 個人型確定拠出年金)。

所得税控除・運用益非課税・退職所得控除・公的年金等控除の恩恵を受けられるメリットがあります。運用益が非課税なので、投資ブロガーさんの多くは株式の投資信託を運用されている方が多いように思われます。

スポンサーリンク








しかし、iDeCo(個人型確定拠出年金)への加入に際して、何に投資していいか分からない場合はとりあえず定期預金に預けるのもOKだと私は考えています。

というのも、iDeCo内で資産運用する際の掛金は「自分のお金」から拠出します。

自分のお金には、会社で働いた対価として得られる「給与」、「副業収入」、「貯金」「相続したお金」等さまざまですが、自分自身の大切なお金である事に変わりはありません。

手数料が高くてよく分からないアクティブファンドや途中解約時に手数料を取られる保険に投資するのであれば、元本保証の定期預金にプールしておいて、知識を付けてから投資される事をオススメします。

今使うお金も将来の為に殖やすお金も大切な大切なご自身のお金です。ご利用は計画的にいきましょう。

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

【関連記事】
企業型確定拠出年金(DC)に加入を決めたメリット・デメリットとは
確定拠出年金で「定期預金」に預けている人が多い理由を考えてみた。

この記事へのコメント