確定拠出年金で「定期預金」に預けている人が多い理由を考えてみた。

02b0bc6795ac199bc070e59ae6f06e7a_s.jpg

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

私の友人と確定拠出年金について話す機会があり、思った以上に「定期預金」に預けている方が多くない?と思ったので、記事にしてみました。

友人たちは、2017年1月から加入対象が拡大するiDeCo(個人型確定拠出年金、個人DC)ではなく、企業型確定拠出年金(DC)に加入している奴ばかりでした。

おそらく、iDeCoは各個人が金融機関・金融商品を自分で選択して加入する必要があるため、投資というか資産運用に興味関心がない人は加入しないからなのかなぁ。なんて思ったりしています。

だって、自分で加入された方々が確定拠出年金で定期預金を選択されるとは思えないですもん。

では、どんな方が定期預金を選択されているか?と考えた時に、真っ先に思い付くのが私の友人のように「強制的に加入させられた」人たちです。

スポンサーリンク








このケースの場合は資産運用への興味関心有無に関わらず加入させられている為、
・投資にマイナスイメージがある
・少しでもリスクがあるなら元金保証の定期預金にしたい
・確定拠出年金に興味がないからほったらかしていたら定期預金で運用していた
・株や債券などはギャンブルだ
と考えられている方が多いのではないでしょうか。

ただし、こういったケースの方々でも、確定拠出年金を利用するだけで所得控除のメリットは享受出来ているのがポイントです。

私の会社は強制加入ではなく、怪しいものと決め込んでしまっていましたので、この恩恵は受けられていませんでした。

【関連記事 → 確定拠出年金との出会いは「詐欺だ」「怪しい」でした。

しかしながら、「よく分からないアクティブファンド」や「保険」に積み立てなくて良かったと思うように、いや言い聞かせています。

「知らない事は損すること」と肝に銘じて、お金に関して学んでいきたいと思います。

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント