日本の通貨「円」の誕生はいつ?また、名前の由来とは?

bf7203f884c786156537d5e5e6687b30_s.jpg

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

私が日本国内で日常的に利用している通貨は「円」です。

1円、5円、10円、100円、500円と言った硬貨や1000円、2000円、5000円、10000円と言った紙幣がありますが、単位はいずれも円です。海外の「ドル」「ポンド」「ウォン」等と同じですね。

今回はこの「円」の発祥について学んでみたいと思います。

「円」はいつから利用されているのか?

かつて江戸時代の日本の通貨は「両(リョウ)」「分(ブ)」「文(モン)」といった単位が使われていました。これが現在の「円」に変わったのは1871年5月の事です。「新貨条例」が公布され従来の1両=1円と定義されました。

スポンサーリンク








この時は現在のように「円」だけではなく、「銭(せん)」「厘(リン)」といった単位も用いられております。「銭」に関しては為替相場のニュースを聞いているとよく耳にしますよね。

【関連記事 → 「円高」と「円安」の基本

この背景には、さまざまな通貨が入り乱れた混乱を解消するという目的がありました。

江戸から明治に時代が移ると、旧江戸幕府が発行していた金銀銅貨、各地の大名が発行していた藩札と呼ばれる地域通貨、外国から入ってきた銀貨、さらには明治維新政府が発行した太政官札という紙幣など、形も種類も様々なお金が入り乱れた状態でした。

これはマズイ!と思った明治政府が実施したのが、通貨を円で統一する事だったのです。

何でも1両=1円とした為、この通貨統一はスムースに移行出来たそうです。

「円」という名前の由来とは?

これには諸説あるようです。

説その①
新貨条例によってさまざまな種類があった通貨を一律で「円形」に統一したため、その単位も「円」という名前になったという説。

説その②
香港銀貨に記載されていた「圓」という字を模して円とした説。これは硬貨を製造する機械を香港の造幣局から譲り受けた事に起因するとか。

説その③
当時、世界的に流通していた「メキシコ・ドル」を中国で「洋円」または「円銀」と呼んでおり、日本もそれに習って「円」という名前が使われるようになったという説。

また、「銭」という単位は大隈重信がアメリカのお金の単位「セント」の発音をマネして決めたと言われています。


私は歴史が好きなのでこういう観点でお金を掘り下げるのも大変面白いと思いました。
今後もさまざまな角度からお金について真剣に勉強していきたいと思います。

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント