NISA制度が2分化!?「年間拠出60万円×非課税期間20年」の枠を設ける??

06ee3eab62b58f385076cec5bcd3b638_s.jpg

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

※9/7追記※
この記事は少し前に予約投稿しておりましたがうまく投稿出来ていなかった為、本日の更新となりました。トホホ。

NISAについて、現行の年間拠出120万円×非課税期間5年に加えて、非課税期間を20年に延ばし、拠出額を年間60万円に抑える新たな枠が検討されているそうです。

ちょっと待った!

と言いたい。

スポンサーリンク









確かに20年は長期と言えば長期なのだが、私としてはもっと長期間投資をしたい。私は自分の大切な資産をさまざまなアセットクラスに分散して保有したいと考えています。

私が日本人男性の平均寿命まで生きれたとすると、20年では足りません!まだ50代、バリバリの現役っす。(※注:この新枠も2023年までの政策と仮定しています。恒久化しない限りはそういう事だと勝手に思っています。)

現行の非課税期間5年間と比較すると積み立てている額も大きくなりますし、そこでリーマンショック級の下げがきたと考えたら・・・。無論、無リスク資産と生活防衛金は別途管理していますが、あまりいい気分ではありません。

政府としてNISAの恒久化も検討されているようなので、是非ともこちらを実現して頂きたい!

とはいえ、この新枠が実現されたとしたら、恐らく私はこの枠を利用すると思います。というのも、そもそも現行の120万円満額投資していないので、出来るだけ長期間の制度を利用して恒久化を期待したいと考えてます。

しつこい様ですが、どうかNISAが恒久化されますように。

【関連記事】
【2016年】「NISA(ニーサ)」の概要を簡単にまとめてみた。メリットだけではなく、デメリットも理解した上で資産運用に活用しよう!
NISAのデメリットと損失を出さない為に実施出来ること

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント