長期投資は『コスト』にシビアになろう。販売手数料と信託報酬がリターンを左右する!

057d831335b3ca898a8f5f621d3c0f42_s.jpg


当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

投資信託には大きく分けて2つのコストがあります。

販売手数料
購入時に販売会社(証券会社・銀行等)に支払う手数料。購入時に1回限り支払う。

信託報酬
ファンドマネージャー等に支払う報酬のこと。投資信託を保有している限り支払い続ける。

投資信託に関わる3つの機関と役割

手数料はどんな言い訳をしてもマイナスです。そして、手数料は長期投資において唯一自分自身である程度コントロール出来るコストになります。

【例①】販売手数料500円の投資信託を毎月積み立てて購入した場合

年間で6000円コストがかかります。これを30年間積み立てると、18万円も手数料だけで取られてしまいます。

運用成果が同程度のノーロード(販売手数料無料)の商品を選択すれば単純計算でコストだけで18万円差がつくことになります!

【例②】投信A(信託報酬:2%)と投信B(信託報酬:1%)にそれぞれ100万円を投資した場合の信託報酬の推移

投信Bは年間1万円で済むところ、投信Aは年間2万円掛かります。これが30年後になると、
・投信A:60万円
・投信B:30万円
と大きな開きになります。たった1%の差であっても長期投資を行えば行うほどコスト負担は大きくなります。(※信託報酬1%は例です。インデックス投資であれば、現在はもっと低価格の信託報酬の商品が販売されています。)

運用成果が同程度であるならば、販売手数料・信託報酬とも安いものを選択しましょう!(販売手数料は無料の商品をオススメします)

これらは目論見書で確認が出来ますので確認してみてください。(関連記事:目論見書のチェックポイントを押さえて、自分に合った商品を購入しよう!)

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント