出費は長期スパンで管理することが大切。貯金で心を折らない為に必要な考え方。

b11cfdc0b0760219797509d2031290ea_s.jpg

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

支出を管理しようとすると、ほとんどの方が「月単位」で考えられるのではないでしょうか?

例えば毎月の交際費は1万円以内、年末年始などのイベント月は3万円以内とルールを決めていても、予期せぬ送別会で出費が目標を上回ってしまうこともあります。

例えば11ヶ月連続で達成していた場合には、おそらく心が折れます。

こうならない為にも、長期的なスパンで支出を管理することが大切です。つまり、年間予算を組んでおくと急な出費があっても別の月でのリカバリが可能です。

先の例で年間予算を18万円としていた場合、1月に2万円使ってしまった場合は、他の月で16万円以内に収めればいいのです。

貯金は単月で終わるものではなく、長期的に行っていくものなので、考え方や管理方法を工夫して続けられる様にしていきましょう!

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント