クレジットカードにはメリットがたくさん!しかし、一括払いも引き落としが終わるまで借金であると認識しよう。

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s.jpg

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

以前にクレジットカードのリボ払いの恐怖について「貯金出来なかった時代に私がやっていたクレジットカードのNG習慣。抜け出した方法は⚪︎⚪︎を辞めた事でした。」で書きました。

カード会社によるかもしれませんが、基本的には一括払いまたは2回払いまでであれば利息がかかりません。ということは、一括払いで必要な物だけを購入することが出来ればさまざまなメリットがあります。

スポンサーリンク








ポイントが貯まる

還元率というものがあり、例えば100円で1ポイントというものがあります。このポイントはカード会社の提携している企業・お店で利用出来たり、カード会社が定めている商品と交換する事が出来ます。

しかしながら、ポイントの為に不要な物を購入する行為はただの「浪費」なので気を付けましょう。

<参考記事>
「消費」「浪費」「投資」を意識した支出を心掛けよう!
買い物は「費用対効果」を考えて!上手な買い物をする4ポイント。
お得なポイント♪でも、ポイントの為にお金を使うのは絶対にNG!

利用明細が分かる

毎月郵送されてくる利用明細を見ると自分が何に利用したかが一目瞭然です。
また、大半のカードの利用明細はWEB上で確認する事が出来ます。

貯蓄体質になるには、まず家計を可視化することが大切なのです。
クレジットカードを利用すれば手間なく何にどれ位のお金を使ったかが分かります。

ネットショッピングの決済が出来る

今やネットショッピングは日常生活の中に溶け込んでいますね。この決済方法として大変重宝しています。私が出張でよく利用する楽天トラベルでは現金決済は出来ず、クレジットカード決済のみ出来るところもある程です。

楽天トラベル



ネットショッピングには以下の様なものがあります。

amazon


楽天市場



クレジットカードとの合わせ技で効率良く、ポイントを貯める事が出来ます。

ネットショッピングだけではなく、公共料金の支払いにも利用出来ます!

また、現金での決済が少なくなるので、ATMでちょこちょこ引き落として無駄な手数料を払うシチュエーションもなくなります。(参考記事:チリも積もれば山になる!?無駄な手数料を払っていませんか?)

信用が増す

クレジットカードを利用して滞納した場合は「信用情報に傷がつく」事になりますが、逆にきちんと返済していけば信用が増します。

クレジットカードの情報は信用情報機関にデータとして蓄積されますので、信用が増すことで利率の良いクレジットカードを新規に作る場合や住宅ローンを借りる際にも一定有利にはたらきます。

カード会社によっては一見さんお断りのところもありますので、なるべく若いうちから利用出来るカードを使って、「信用出来る人だな」と信頼を得ることが重要です。

そして、将来的にはさまざまな恩恵が受けられるゴールドカードやプラチナ、ブラックを目指してもいいかもしれません。

※言わずもがな、クレジットカードの作成や利用は自己責任でお願いします。

クレジットカードに付随したサービスを享受出来る

例えば、提携している飲食店の決済に利用するとドリンク1杯サービスしてもらえたり、割引(ポイントが多く付与)してもらえるなど。

ゴールドカード以上は空港のラウンジを無料で利用出来る等、クレジットカードのランクに応じた特典もあります。

保険制度

クレジットカード会社によって異なりますが、さまざまな保険制度があります。年会費が高い方が、保険の種類も多くあります。(私としては余程の事が無い限り年会費無料をオススメしますが)

クレジットカードを保有しているだけで受けられる保険やクレジットカード決済を行ったサービス・商品に対して等さまざまです。(例:買い物、旅行etc)

その一方で、福利厚生と一緒で知らなければ恩恵を受けられないサービスもありますので、契約する場合や既にお持ちのクレジットカードのパンフレットを確認される事をオススメします。

ステータスになる

ゴールドやプラチナ、ブラックを持っていると何か気分が良いしカッコイイという感じがしますね。しかしながら、これらのカードは年会費が高い為、ステータスだけを理由や所持することはオススメしませんが、職業によってはセルフプロデュースの一環として利用してもいいかもしれません。

まとめ

最初に「基本的には一括払いまたは2回払いまでであれば利息は掛からない」と説明しました。上記でご紹介したメリットを享受出来て、利息が掛からないのはとても魅力的ですね。

しかし、クレジットカード決済を行った場合にはすぐに手元のお金が減るわけではありません。つまり、お金を支払うまでは、借金なのです。

この認識を忘れてはなりません。忘れると私みたく不要な利息を支払う事になります、最終的には損してしまう可能性があります。

クレジットカードと賢く付き合って、資産形成に役立ててください!決して、負の資産を形成しないようにしましょう。

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント