家計に潜む「固定費」の罠から抜け出そう!

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_s.jpg

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

節約するには「流動費」と「固定費」を抑えた戦略を練ろう!』の記事の中で、優先的に固定費を削減しよう。という趣旨の発言をしました。

今回は具体的に固定費のどんな項目が削られるのかを見ていこうと思います。

<固定費のチェックポイント>
①家賃
②車(ガソリンや駐車場などの費用含む)
③生命保険
④電気代
⑤ガス代
⑥通信費
⑦定期購入している商品
⑧贅沢な食事
⑨タバコ・酒
⑩交際費

※1.④~⑥は基本料金を固定費と見立てています。
※2.⑧~⑩は毎月発生している流動費を固定費として捉えています。

固定費は見落としがちですが、ここを改善出来ると家計にも大きくプラスに働きます。

ムダな支出を抑えれば、それだけ貯蓄が増えます。増えた分は無リスク資産としてもいいですし、リスク資産として投資してもいいかもしれません。使い方は自由です。

固定費を削減しようとした際の工数は大きいですが、削減後は意識することがありません!
インデックス投資と同じでほったらかしで現在よりも節約出来ますよ(^^)



スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント