「4・5・6月に残業をすると翌年の給料が減る。」と言われているのは本当か?

キャプチャ.PNG

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

皆さんは「4・5・6月に残業をすると翌年の給料が減る」という話を聞いたことがありますか?私の職場では毎年の様に誰かしらが言っているのを耳にします。

まずは結論から。「4・5・6月に残業をすると翌年の手取りが減る」が正解です。

・給料:基本給
・給与:給料に諸手当を付加した金額
・手取り:給与から「社会保険料」や「税金」を差し引いた我々が受け取れる金額
(※給料と給与の詳細はコチラをご参照ください → 「給与」と「給料」の違い知っていますか?)

ちなみに「社会保険料」と「税金」の内訳は以下の通りです。

◼︎社会保険料
健康保険・厚生年金・雇用保険・介護保険

◼︎税金
所得税・住民税

上記の様に、給料日に給与から社会保険料や税金が差し引かれた我々の銀行口座に振り込まれる金額を「手取り」と呼びます。

差し引かれる社会保険料の金額は、前年の4・5・6月の給与の平均から算出されます。この3ヶ月の給与が多いと社会保険料は高くなり、給与が少ないと安くなります。よって、翌年の手取りが減ってしまう事に繋がります。

これを回避するには、4・5・6月の給与を少なくする事、すなわち残業手当、住宅手当、介護手当などの諸手当を減らし給与を減らす事です。とはいえ、住宅手当を減額することは現実的ではありませんので、残業代を減らすことに注力しましょう。

こうする事によって手取りの目減りを防ぐ事が出来ます。

しかしながら、手取りが減っても給与が減る訳ではありません。税金で持っていかれる訳でもありません。

社会保険料として徴収されますので、将来の年金とし還元されます。長期スパンで考えると「今」受け取るか「将来」受け取るかの差となります。(※もちろん受け取れる金額に差が生じる可能性がありますし、年金制度が破綻した場合は受け取れない可能性があります。)

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック