「セゾン投信」の4つの特長とは。私も毎月積み立てを行っています!

l_028.png

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

このブログ何度か書かせて頂いたように私は「セゾン投信」をメインに積み立て投資を行っています。(参考記事:「私が投資信託を選択した理由。3つのメリットをご紹介します。」「極力リスクを避け、長期的にじっくり資産形成しませんか?」)

これから投資信託をはじめようとしている方の中には「セゾン投信」という名前をお聞きになった事があるのではないでしょうか?セゾン投信は投資信託の商品名ではなく、セゾングループに属する会社であり、長期的に資産形成を考えている方にオススメな運用会社です。

その特徴をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク








特長① 直販の運用会社である

投資信託は一般的に販売会社(銀行、証券会社)を通して販売されるのが一般的ですが、セゾン投信は運用会社が販売も手掛ける直販という形態をとっています。その為、販売手数料などの無駄なコストが掛かりません

saison-device.gif
出典:格差脱出研究所

特長② 厳選された2本のファンド

セゾン投信で購入可能なファンド「セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンド」「セゾン資産形成の達人ファンド」の2本のみです。それぞれの特長は以下の通りとなっております。

セゾン投信①.PNG

■セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンド

セゾンVGBF①.PNG

1本で世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資(株式:債券=50:50)することが出来る「インデックスファンド」です。投資である為、無リスクではありません。しかしながら、このファンドは極力リスクを分散している為、安定した運用成果が期待できます。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」でも毎年上位を獲得しています。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015 4位
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014 3位 
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013 8位

参考記事:毎月コツコツと「セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンド(セゾン投信)」へ積み立て実施中。長期的に資産形成を目指しています。

■セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン資産形成の達人ファンド.PNG

日本、アメリカ、欧州などの収益力のある企業の株式に国際分散投資を行うアクティブファンドです。短期的な相場の動きに翻弄されず、成果があがるまで時間をかけて待つ運用スタイルをとられています。日本で販売登録されている国内外のファンドを対象に、優れたファンドとその運用会社を表彰する「リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2015最優秀賞」を受賞しています。また、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」でも徐々に順位を上げてきております。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015 11位
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014 11位
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013 32位(21位以下)

特長③ NISAに対応している

NISA.PNG

セゾン投信はもちろんNISAに対応しています。120万円(2016年時点)の枠までは2ファンドの積み立てが自動的にNISAでの買い付けとなります。また、未成年の子ども向け口座(カンガルーポケット)もあります。時間を味方に付ける長期投資の強みを活かして、お子さんがまだ小さいうちから将来に向けて積立投資が出来ます。(投資信託は元本保証ではないので100%ではありませんが)じっくりと資産形成が出来ます。ブロガーさんの中には学資保険代わりに投資信託を利用されている方もいらっしゃいます。

特徴④ 投資哲学がしっかりしており、個人投資家の長期投資を考えられている

■中野晴啓社長に好感が持てる
投資信託を勉強し始めた時に中野社長の本やWEB記事を読み、投資信託の理解を深めることが出来ました。本当に「投資信託」「個人投資家の長期運用」についてお考えになっていると伝わってきました。その中でも印象に残っているのが「最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!」と「預金バカ 賢い人は銀行預金をやめている (講談社+α新書)」の2冊です。(2冊とも挑戦的なタイトルですが、書かれている事には納得してしまいます。)特に「預金バカ 賢い人は銀行預金をやめている」は金融業界への憤りや中野社長がセゾングループに入社してからセゾン投信を立ち上げるまでの波乱万丈な軌跡について記載されており、とても刺激を受けました。純粋な読み物としても良書と思っています。



また、私個人としては運用会社の社長がご自身のアセットアロケーションに自社のファンドを組み込まれている点もポイントが高いです。

■2009/05時点の中野社長の組み入れファンド■
Nakanosan.jpg
出典:ノーロード投資信託


■フィデューシャリー宣言を公表している
セゾン投信のプレスリリースに以下の一文が記されています。

セゾン投信は2015年8月26日付で、フィデューシャリー宣言を行い、投資信託運用業者として「お客さまのため」にのみ資産運用業務に従事し、専ら長期投資に努めることを公約致しました。
また、それを実践するにあたって、当該事業継続に必要な合理的報酬のもと、一切の利益相反行為を排除することを確約し、すべてのお客さまに向けて明文化し公表致しました。


要するに、「お客様の長期運用の為に頑張ります。(日本で横行しているボッタクリ投信とは違い)適正な報酬(手数料含む)で業務を行います」という意図があるものと捉えており、言動と行動が伴っているところも私が投資している1つの理由です。

まとめ

上記でご紹介した特長にメリットを感じている為、私はセゾン投信に投資を行っています。しかしながら、私のような30代男性独身の方もいらっしゃれば、40代女性既婚者、10代学生といった「年齢やライフスタイル」の違い、「年収」の違い、「リスク許容度」の違いにより、必ずしもその方に適しているとは言えません。しかしながら、上記特長にメリットをお感じになった方は検討するに値するファンドだと思いますので、1度後検討してみてはいかがでしょうか。

▼資料請求はこちらから無料で出来ます▼
【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

なお、セゾン投信も投資にあたりますので元本保証ではありません。
セゾン投信にて投資信託をご購入される場合は自己責任にてお願い致します。

スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント